結局下取と買取ってどっちがいいの

下取りはディーラーで新車を買うときに、今まで乗っていた古い車を引き取ることです。通常は新車の値引き額と合わせて下取り額がマイナスされた金額が新車の支払額になります。
一方買取は、新しい車を買う買わないにかかわらず、自分の車を業者に買い取ってもらうことです。買取は専門業者はもちろん、中古車販売店や一部のディーラーなどでも行っています。
下取り買取どちらも事前にその車の査定を行ってから下取り金額と買取金額を決めます。そしてその査定を行う人のことを査定士と呼ばれています。この査定は誰でもできるのではなく中古車査定士に認定されている人が行うことになっています。

 

下取査定の秘密

言葉を変えていえば下取りも買取りもどちらも自分の車をある金額で売却するということには変わりがありません。
ではどちらがより高く車を売ることができるのでしょうか。
個々の状況により違いがあるのですが、多くの場合は下取りよりも買取の方が高く買取をしてもらえます。
ただしある状況下では下取り額の方が買取額よりも高くなることがあります。これはディーラーの販売戦略によりところが大きいのですが、ディーラーで新車のキャンペーンなどを展開している場合は、できるだけ他社に売り上げを奪われたくないがために、値引きを活発に行います。でも値引き額は上限が決まっているので、その分下取り額をアップさせて他社よりも有利な条件で販売しようとするのです。
(これは実質値引きになりますが……)そのような状況下では買取専門業者に売るよりも、ディーラーに下取りをしてもらったほうが高い査定額が付くことがあります。

 

プリウスの買取査定額

買取業者では独自の販売網を持っていたり、買取した車を流通させるための独自のノウハウを持っているので通常の査定額はディーラーの下取り額よりも高くできる場合がほとんどなのです。
なので今の状況を見極めながら下取りにするか買取にするかを賢く選ぶ必要がありますね。

 

下取りと買取ってどういうこと関連ページ

査定の前にボディの傷なんかは治してしまったほうが得か
車に傷や付いていたりした場合、それが査定のときにマイナスになってしまうことがあります。でも修理するにしてもお金がかかるので、そのまま査定か修理かどちらか迷いますね。ホントはどっちがおトクなのでしょうか。
車検間近の車を売りに出す
もう少しで車検が切れるという札幌の愛車を売却しようと考えている時に、車検を取らないでそのまま売った方が金銭的には得なのでしょうか?ちょっと疑問に思いますよね。
廃車の費用
廃車をする場合には、様々な手続きが必要になります。一般的には代行業者に依頼することも多いようですが、自分で行うこともそれほど難しいことではありません。お金を節約したいのであれば自分でやってもOKです。