廃車手続きを自分でやるとどれくらいの費用がかかる

年式も古く、走行距離も15万キロ以上になっている、そんな車を下取りに出しても査定はゼロです。という答えが返ってくることが多いはずです。
車種にもよりますがほとんどがこういった流れになってしまうことでしょう。そしてそれだけでなく廃車も業者に代行を依頼すると逆にその代行費用も取られてしまうことになります。
廃車にかかる手続きのお金を少しでも浮かせたいということで、自分で手続きをするとなるとどれくらいかかるのでしょうか。

 

車の引き取り代これは車が動かなったり、車検が切れていたりしてスクラップ工場へ自走ができないときにかかる費用です。物にもよりますが、3万円以内と考えましょう。
それとスクラップ代です。これも3万円以内です。
その他に自走者リサイクル費用が7000円〜30000円ほどかかります。
業者に代行してもらうよりは多少は安く済むでしょうが、実際は陸運支局やスクラップ工場へ行ったりと結構な手間がかかってしまいます。
それほど難しい作業や手続きではないので、時間がある方であれば自分でやってもよいでしょう。ただ仕事などで平日なども時間がなかなか取れないというのであればそこは業者に代行してもらうより仕方がないでしょうね。

 

以前であればディーラーなどで下取り査定はゼロですと言われてしまう廃車になるしかないような車であっても最近は廃車専門の買取業者へ売ってしまうことで、ある程度の値が付くこともあります。
廃車寸前の車のお持ちの方は、ディーラーに廃車手続きを依頼するよりは、廃車を専門に買取している近くの業者を探し出してそこへ持っていくことをおススメします。
車種にもよりますが、自分が思ってもみなかったほどの金額で買取をしてくれることもありますよ。

 

廃車の費用関連ページ

査定の前にボディの傷なんかは治してしまったほうが得か
車に傷や付いていたりした場合、それが査定のときにマイナスになってしまうことがあります。でも修理するにしてもお金がかかるので、そのまま査定か修理かどちらか迷いますね。ホントはどっちがおトクなのでしょうか。
車検間近の車を売りに出す
もう少しで車検が切れるという札幌の愛車を売却しようと考えている時に、車検を取らないでそのまま売った方が金銭的には得なのでしょうか?ちょっと疑問に思いますよね。